【RIZIN.45】安保瑠輝也VS木村ミノルの試合中止が決定 ドーピング再検査で“陽性” 榊原CEOが経緯を説明 『RIZIN.45』追加対戦カード発表記者会見

RIZIN

大みそかに行われる『RIZIN.45』追加対戦カード発表会見が24日に都内で行われ、すでに発表されていた安保瑠輝也vs.木村“フィリップ”ミノルの試合が、木村のドーピング再検査の結果、中止になったことが発表された。

6月24日の『RIZIN.43』の試合の際に行われたドーピング検査で「陽性=クロ」の結果が出た木村は、半年の出場停止という罰則、さらにRIZINに再出場する際には再検査をクリアするという条件が課された。

ちょうど出場停止期間があける大みそか大会での試合に向けて、再検査を実施中の今月11日に対戦が発表され、検査をクリアすれば試合実施、再度陽性となればカードは消滅するという条件だった。 

この日の会見で結果を発表したRIZINの榊原信行CEOは「笑うしか無い」とあきれつつも、「絶対に大丈夫だと本人サイドが言っていましたし、陽性項目が減っているのも事実だけど、引っかかっているのも事実で、まだ完全ではない」と語った。

木村も「まだ体内に残存されていたと思うのでクリーンになるまで治療練習に専念します。安保選手にも迷惑をかけたこと、ファンにもお詫びします。頑張って戻ってくるので、来年このカードが実現できるように頑張ります」とコメントを寄せた。

また、会見でMMAデビュー&対戦相手が三浦孝太と発表された皇治は、「キム兄、やりすぎでしょ。話題が全部持っていかれますやん」とボヤきながら、「大みそかは自分もいっぱい注射を打って頑張ろうと思います」と早速ネタにしてイジった。

#RIZIN #RIZIN45 #安保瑠輝也 #木村ミノル

コメント

タイトルとURLをコピーしました