【超RIZIN.3】パッキャオ、“ボクシング界の英雄”が井上尚弥を指南!?鈴木千裕のKO宣言を一蹴『メイウェザーVS朝倉未来』回想も 『超RIZIN.3』単独インタビュー

RIZIN

“アジアで最も偉大な拳闘士”が、ついにRIZINのリングに降臨する。ボクシング世界6階級を制覇した“フィリピンの英雄”ことマニー・パッキャオ(45)が、7月28日開催の『Yogibo presents 超RIZIN.3』に参戦し、フェザー級王者の鈴木千裕(25)と対戦することが決定した。

2021年に2度目の引退を発表後、22年11月に韓国でのYouTuberとのエキシビションマッチ以降はリングを離れていたが、榊原信行CEOとの長年の交流の結果、ついにRIZIN過去最大規模のイベントに参戦。しかも「エキシビションという言葉は使うな」とRIZINに伝えており、本気でリングに上がり現役王者と戦うつもりだ。

10日に行われた会見では、王者としての堂々たる風格を感じさせながらも、鈴木が「1ラウンドでKOする」と挑発すると、「ボクシングは甘い競技ではない、そのことを彼は知ることになるだろう。いや、私が学ばせる」と闘志をみなぎらせた。“アジアで最も有名なアスリート”とも称され、フィリピンでは大統領選挙に立候補するほどのスーパースターは、RIZINでどんな戦いを見せてくれるのか。ORICON NEWSは会見直後のパッキャオの単独取材に成功。この試合への意気込みや、日本が誇るボクシングのスーパースター・井上尚弥の評価について聞いた。

#マニーパッキャオ #鈴木千裕 #井上尚弥 #朝倉未来 #メイウェザー #RIZIN

コメント

タイトルとURLをコピーしました